UIDesignerで家紋を描いています(黒田如水・黒田藤巴)

  kamonUIDesignerの使い方のヒントにしていただければ幸いです。

平成27年9月2日

黒田如水は黒田 孝高が実名で通称黒田官兵衛と云われています。豊臣秀吉の
部下で竹中半兵衛と共に軍師として、戦国時代の3英傑として知られています。
黒田職隆の嫡男として播磨国の姫路に生まれました
時代は足利義昭を中心とした、信長包囲網が張られ信長の危機とされたが、
最実力者の武田信玄の死により危機を逃れたときであった。
孝高は、主君・小寺政職に信長に臣従を勧めました。その後小寺政職の謀反や別所長治の反撃があり毛利勢や宇喜田直家が援軍を差し向けるが、孝高は宇喜田勢を調略
します。
信長の命を受け秀吉に臣従し、毛利攻めを敢行し高松城を水攻めにして陥落寸前まで追い詰めるが、本能寺の変が起こりました。
本日はここまで!

By H. Uzuki /UID team

広告

UIDesignerで家紋を描いています。

kamon8月27日
佐々氏は尾張国春日井郡比良城(現在の名古屋市西区)に拠った土豪でありました。
織田信長に仕え、馬廻から戦功を重ねて頭角を表し、織田信長は越前国制圧後、
柴田勝家を置き北陸方面の軍団長とした。成政はその与力・目付として成越前府中
3万3000石を与え、成政は小丸城を築いて居城としました。
その後信長により一国守護として富山城を居城としました。
本能寺の変では清洲会議に成政は勝家方につき、娘を人質に出して剃髪する事で秀吉
に降伏し、越中一国を安堵されました。
その後、徳川家康および織田信雄方につき、秀吉方に立った利家の末森城を攻撃した。
家康の秀吉との停戦を不満として飛騨山脈を越えて(さらさら越え)説得したがうまく
いきませんでした。
越中に乗り出した秀吉により、成政は領土を没収され妻子と共に大坂に移住させられ、
以後御伽衆として秀吉に仕えた
そのあと、九州征伐で功をあげたことを契機に、肥後一国を与えられたがうまく収めら
れず摂津国尼崎法園寺にて切腹させられました。

By H. Uzuki (UI Triangle)